び~ちこ~ま~部

2017年11月28日 (火)

西表島2日目

引き続き西表島2日目。

今日も、落ちはありません。

今日は、ビーチコーミングの日。

Pb231577まずは、同居人がいろいろ拾い物をしている中野海岸。
広いぞー。

Pb231589アジアのどっかで洪水が起きたから、たくさんの流木が流れ着いてるんだって。

Pb231590右がゴバンノアシ、左は不明。
いずれも、南の植物です。

Pb231613ゴバンノアシは、割るとこんな風で、中にタネが入ってる。
偶然、割れたやつが落ちてた。

Pb231612さすが、洪水。
こんなきれいでフレッシュなゴバンノアシは初めて。
一気に流されて、一気にだどりついているってことだね。

Pb231608そして、今、まさにたどり着こうとしている、ヤシの実。
♪名も知ら~ぬ~遠きし~まより です。

Pb231616イカ釣り用?の餌木。

Pb231593巨大浮き。
これは、みなさんの工作意欲をさそうようで、民家でいろいろに使われている。

Pb241756こんな感じ。
拾い物でできた募金箱。

Pb231634次のビーチ。
ビーチの名前は不明。
道路からおりやすくて、たくさんの流れモノがあるビーチ。

Pb231635風船。
台湾からかな?

Pb231650めっちゃ小さいサンダル。
右側は、私のビーサン。

Pb231654いつも必ずみつける、サンダル抜いた後っぽい材料。
こういうの、捨てないでほしい。

Pb231664甲イカの骨。

Pb231669何かの骨。
左上にあばら骨、右下に何かが見えている。
一頭分ありそうだけれど、頭蓋骨はなさそう。
流れ着いてから、骨になったはず。
流れ着いた時を、想像したくないね。

Pb231670掘り出してみて、牛だと判断。

Pb231675キャー、カツオノエボシ。
猛毒超痛いといわれているクラゲ。
普段は沖合にいるらしいけれど、今回は10歩あるいたら一匹いるっていう、具合。
そんな流れ着く時に、海にいたくないな。

Pb231677ヒャー、痛そうな風情。

Pb231672探していたガラスの浮き球は、残がいしか見つからず。
ビーチコーミング終了。

Pb231686お昼は、宿の近くのレストラン白浜でカレー。
前日もカレーだったけど。
カレーが食べたいんだよ。

Pb231688午後からは、宿の裏山の林道を散策。
宿のおかみさんのガイドで。
ありがたい。

Pb231693ヒカゲヘゴは、いつ見ても恐竜時代を想像させる。

Pb231699休憩は、パピコ。
160円だったかな。
離島は、運賃が含まれるから全てが割高。

Pb231704夜ごはんも、おいしくいただく。
上げ膳、据え膳はすばらしい。
遊ぶことだけ、考えていればいいもんね。
これが、旅だよ。

Pb231708そして、夜は、また大ウナギの罠をしかける。
懲りないねー。

Pb231702そして、その夜は、青年祭という芸能の会へ。

Pb231711ズームでいまいちだけど、女子の美しい踊り。
シラサギっぽいね。
すごいきれいだけど、写真がうまく取れなかった。

Pb231714
これも女子の踊り。
みんな、ちゃんと練習してて素晴らしい。

Pb231719LEDライトを使った、オタ芸風な出し物もあるのだよ。
伝統にのっとりつつ、おもしいことで楽しませるのが、この会のすばらしいところだと、地元の方に聴いた。

Pb231713そして、イノシシ汁もふるまわれた。
おそらく、とれたて。
猪骨と猪肉だけの、ネイティブなイノシシ汁。
強烈なんだけれど、なかなか食べるチャンスは得られない。
ありがたやー。


ということで、2日目も雨が降ったりやんだりしたけれど、
しっかり遊んだのだった。

| | コメント (0)

2016年6月25日 (土)

DIY DAY ~森泉気分~

今日は、兼ねてからの計画を実行した。

それは、食器棚をゴミ箱(最近でいうところのトラッシュボックス)に改造するってこと。
それも。引き出しレール付の、引き出しスタイル。
考え始めてから、半年ぐらいたったかも。

Cimg4820今朝まとめた、設計図。
お昼ご飯を食べて、材料を買いに行った。

Cimg4815_2道具は、いっぱいある。

Cimg4814こんな感じで、開始。
午後1時ぐらい。

Cimg4816ここまで来るのに、2時間ぐらいかかった。
箱だけは、1時間くらいでできたけど。
引き出しレールの取り付け位置決めが超大変だった。

Cimg4818食器棚の2枚のガラス扉を、1枚にしてくっつけるっていうのも、
超大変だった。

完成したのが、17時。
引き出しスタイル、完璧。
のべ4時間も、時間を費やした。

Cimg4819前から見ると、こんな感じ。
ゴミ箱が見えてるから、隠さないと。

重要部分の採寸と、簡単なアドバイスをど同居人にもらった以外は、すべて一人でがんばった。


夏休み前に、工作完了。
自分で作るとね、ゴミを入れるのも超楽しいよ。
費用は、ざっと5千円。

超~~腰が痛い。
10kmマラソン出たぐらいに、疲れた。

| | コメント (0)

2007年7月28日 (土)

漂着物 その1

今日も暑かった-。ポカリスエットのみまくりー。

そろそろ満月、新月の頃は石垣島の星空のしただったのにー。
石垣でできた小さい傷もだんだんなおってきた...。
大潮の引き潮みたいに石垣の旅がさってゆくー。
かなし~~~~。



そこで!海をなつかしんでみよ~ぅ。

P7280009これは、10年かけて拾い集めたビン玉。
昔、漁師さんが使っていた「ウキ」。

今は、プラスチックになっているけど、フィリピンとかでは、いまだにこれを使っているらし~。

それが、島の浜辺に流れ着く。
それを一生懸命歩いて探す...。
すぐにみつかる時もあるけれど。

小笠原の父島で2個、西表島で4個。


P7280006日本のは、ちゃんと作った会社の名前がうってある。

これは、川口ガラスって いう会社が作っていたものらし~。

見つけた時の喜びは...
「あった~~~~~!!!!!!!!」

ちなみに、複数人で探している場合は、
「あった~~~~~!!!!!!!!」
と先に叫んだ者に権利があるのだ~。

| | コメント (2)

2007年5月24日 (木)

オウムガイ

西表島の祖納の海岸で拾ったオウムガ~イ。
シークレットでもな~んでもない海岸のすみっこの方におちてた。
でも最近は、その海岸も様子がかわったからもう拾えないだろ~な~。

フィリピンあたりから、どんぶらこ~どんぶらこ~。
あ~んな広い海で島に流れ着くってことが奇跡だよね~。

P5220012


後ろのぴかぴかしてるのは、黒蝶貝。
石垣で500円で買った貝殻を、同居人が10,000円もするグラインダーを
わざわざ買ってきて「け・ん・ま」した高価なもの。 

| | コメント (0)

2007年5月 9日 (水)

タカセガイをきれいきれい

はー、次の旅はいつなのよぉー!と叫びたくなる、GW明け3日目。

あーーーーーーー。夏休みは、旅行代金も高くなるし、混むし、台風来るし。

って考えると、いつなのよぉー!

これは、西表で拾ったタカセガイ。

「サンポール」ぶっかけで、旦那がここまでピカピカにした。環境的には、どうよ...って感じ。

磨いてみると、ぶつぶつがあったり穴があいてたりで、おまえも苦労しとるのーっていうことが分かる。隠れて苦労してるんですよー実は...えらい。

Photo_14 

| | コメント (3)

2007年5月 7日 (月)

気分はどろーん

今日の気分は、どろーん。なんだけど、どろーんなログを書いても意味がなーい。

そういう時は、楽しかった旅を写真で振り返る。

2月の西表でのビーチコーミング。

昔だったら、拾ったものはぜーんぶ持って帰りたかった。

だけど、デジカメが登場してからは、お持ち帰りがずいぶんへった。

木の実ばかりの中に、さんぜんと輝くのはガラスの浮き玉。よく見つかったねー。

Gluss

| | コメント (0)

2007年4月24日 (火)

スイジガイ

スイジガイは絶対拾う!、買わない!、もらわない!と決めて、6年くらい西表島をさがした。(といっても年2回だけど)

そしたら、祖納のビーチでみつかった!あった!奇跡だと思う。

なんだか年期のはいった、いいスイジガイ、つやつやしてないけどいいスイジガイ。

スイジガイって落ちてないよ、普通、たぶん。だれか、拾った人がいたら教えて!

それから、5年。

今年、石垣で買った本「貝の図鑑 採集と標本の作り方 南方新社」に衝撃的なことが書いてあった。

「スイジガイの幼貝」

えー!、みたことある、これ私もってる!、拾ったきれいなやつ。

貝の入り口のとこが、すごく薄くてひらひらしてて、こんなのがよく壊れないで海からあがったねーって感じのやつ。(でも、どこで拾ったかは、おぼえてなーい)

確かに、背中のとこのふくらみとか頭のとんがったところは、おばあちゃんにそっくり。

でも、薄くてひらひらしてるのが、いつから「とんがり」はじめるんでしょうかー?

小さいときは、スイジじゃないってことよねー。

Photo_6 

| | コメント (0)

2007年4月19日 (木)

モダマとカショウクズマメ

今日から、新カテゴリー追加~。

テンプレートを自分で作ったら、私は変わったもんね~。

海遊びもいろいろあるよね~。その中でも、び~ちこ~みんぐは、かなり好き。

初登場は、最新拾い物達。石垣島です。

カショウクズマメ(左)とモダマ(右)。

モダマは、海を長い時間旅していたらしく、白い海模様がついてま~す。

P4190004

| | コメント (0)