不明熱部

2017年6月26日 (月)

7月の目標

今日は、先週に比べたら、つきものが取れたような楽さ。

とはいえ、全体的な倦怠感。

Shasin_3

毎日の体調記録を採っている。

何か、ヒントになるかもしれなので。

熱の温度は、たいしたことないのに。



目標は、7月中に治すこと。

対策案1:今週末の病院で、他の病院をいくつか紹介してもらう。

対策案2:めちゃくちゃ遊んで、体を疲れさせて、次の症状がでるのを待つ。

| | コメント (0)

2017年6月21日 (水)

今日は、休んだ

今日は、会社を休んだ。

朝、起きたら、めちゃ体が痛くて、しんどい。
36.7度って、低いと思う人もいるかもしれないけど、35.8度が平熱だから、しんどい。
土日から怪しかったけど、だましだまし来てたのに。

夜中にこれに気づけば、薬を飲んで会社に行ったけど。
今朝は、無理だった。
午前中、頓服薬を飲んで寝ると、すっきりしてて、なーんだと思ったけど。
薬がきれると、また同じ状況。
1日中、横になって、寝たり、起きたり。

今日は、ひどかったな。

| | コメント (0)

2017年6月15日 (木)

願いをこめて

普通の夏を、過ごしたい。

あと2ヶ月で、体調が悪くなってから1年になってしまう。
それまでには、治したい。

そんな思いを込めて、アロハシャツを買った。

Img_2699頑張れば、沖縄に遊びに行くぐらいできそうだけど。
海に入れる気がしないから、行ってもつまらない。

このシャツを着て、行けますように。

| | コメント (0)

2017年5月19日 (金)

病院の日

今日は、病院の日。

今日も、ちょびっと話して終わりかなと思ってたら、血液検査された。
結果は、炎症値が過去にない値で3.7と下がっていた。
私としては、うれしかったのに、他の値が全然変わっていなかったので、先生はうなる。

来月も変わらなかったら、別の病院の先生の意見を聴くか
再び、いくつか検査することになった。

Img_2595治療してたわけじゃないから、変わらないのは当たり前なのさ。
そう思いつつ、品川でお昼ご飯。

マンゴーツリーカフェで、タイ風焼きそば、パッタイ。

たくあん?干しエビ?厚揚げ?のようなものが、いろいろ入ってて、甘くて、柑橘風味で、塩味なのが、いいところだよね。

Img_2598血液検査でも、貧血は証明された。
晩ごはんは、近くの「環」で。

鉄分補給のために、赤貝を食べた。


ということで、また4週間は、こんな調子。

| | コメント (0)

2017年4月14日 (金)

通院デー

今日は、病院の日。

ほぼほぼ、前回と同じことを言われた。
はっきり言われたのは、「結核と膠原病の境目にいる」ってこと。
すごく長い期間つづけば、膠原病の可能性だって。
どちらも、可能性が消せないって程度なんだけど。

肺以外の結核は、とても見つけにくいんだって。
肝臓とかに感染するらしい。
でも、咳をして排菌してるわけじゃないから、他人にうつすことはない。

ま、私としては、来月は、もう一段回良くなる計画。

Img_2399とりあえず、とり岡で一杯のウーロン茶。
はーー。

ホッとする。

| | コメント (0)

2017年3月25日 (土)

どっかに行きたくなった

今日は、病院に行ってきた。

結局、PET-CTの検査結果でも、怪しい部分は何も見つからなかった。
典型的な、不明熱ですねってことに。
唯一、膠原病か、結核が疑わしいけど、再度やってみた血液の検査結果も反応なし。
血液検査結果的には、炎症値が9月と変わらない。
何かが起こっているけど、原因不明。

ということで、通院しながら様子見することに。
はーーーーー。

Img_2332品川駅で、駅弁を大量購入。

Img_2333お昼ご飯に、まず鯵の押し寿司。
うーむ、安定したうまさ。
ご飯が、ギュっとしている押し寿司がおいしくなるって、大人っぽい。

Img_2334

深川めし。
あさりが、しっとりしてるタイプ。
ねぎとのハーモニーが、絶品です。
付け合わせのベッタラ漬けと、合う!
切り身は、アナゴ。

Img_2335
最後は、台湾のルーロー飯風弁当。
風ってところがポイントで、安心の日本味付けになっている。
本物のルーロー飯を食べたことはないけど、もっと八角の香りとかしそう。
これは、醤油味に、ちょっと干しエビ。


駅弁大会終了。

| | コメント (0)

2017年3月 5日 (日)

不明熱 PET-CT検査

昨日は、PET-CT検査を受けてきた。


炎症やがん細胞っていうのは、修復するために体内でぶどう糖が使われるんだって。
ぶどう等系の造影剤を注入して画像を撮ると、
やばいところにぶどう糖が集積してるから、やばい箇所が分かるって仕組み。

私が行ったところは、PET-CT検査を専門としている病院。
癒し系インテリアなんだけど、検査する人しか来ないから、
あのドアの先でサイボーグ化しそう、な雰囲気の病院だった。

病院の自動ドアを入ると名簿を持った女性が、2m先の受付を案内してくれる。
受付すると、違う女性が15mぐらい先までの更衣室を案内してくれる。
着替えると、問診票をチェックして検査を説明してくれる看護士さん。
そして、医師による診察。っていっても、問診票見る程度。
エレベーターを上がると、また女性が案内してくれる。
なんでこんなに、係の人がいるんだろうか。

1つの部屋が4つにパーティションで仕切られている、灯りを抑えた薄暗い部屋で待つ。
そこには、リクライニングシートがあって、水かお茶が与えられる。

ぼんやり待っていると、造影剤を注入する看護士さんが登場。
看護士さんは3人がかりで、1人に造影剤を注入するのだ。
針を刺して、つなげるだけなんだけど。

造影剤を注入すると、薄暗い部屋で1時間、じっと待つ。
造影剤が体にまんべんなくいきわたるようにらしい。
この間、スマホ・読書等々一切禁止で、薄暗い部屋で寝るようになっているのだ。

前情報があったので、寝不足にして来たから、すぐに寝てしまった。
あっという間に1時間、検査室に通される。
MRIとそっくりなマシン。

MRIと違うのは...

・咳とか、くしゃみはOK。
  (まじで、気持ちが楽)
・体を横から布でミイラのようにくるまれる
  (これは、超楽ちん、MRIは手がベットから落ちそうで疲れてくる)
・超静か
   (シュインシュインという回る音と、ベットが動く音だけ)

ということで、30分、うとうとしている間に終了。
2時間弱の検査。楽~。

この検査、癌の精査には保険適用だけど、私みたいな人は、対象外。
その値段10万円弱。
医療保険の先進医療っていうのが適用されると思うんだけど。

PET-CTの結果は、病院に送られる。
何か、写っててほしい。
これで写ってなかったら、もう対処方法ないんだってさ。

昨日は検査の後、熱が出て1日寝てた。

Img_2279
今日は、熱があっても、元気でしんどくないぞ。
久しぶりに、とんかつ!
とんかつに、エビフライ。
とても病人とは思えない食事。

食欲だけは、減りません。

| | コメント (0)

2017年2月 8日 (水)

治ってんじゃね?

Cimg5220



おーーーーーーーっ!
夜の熱が、35.5度になった!
入院前半までは、19時を過ぎると37度になっていた。
入院後半からちょびっとずつ下がっては、いたけど。

とうとう、きた。
これが、毎日続いてくれれば。
あとは、血液の炎症値がどうかだけ。

あとは、それだけさ。

| | コメント (0)

2017年2月 4日 (土)

不明熱 入院13日目退院

退院しましたー。

今朝は、点滴も無かったから、6時20分に起床して速攻で荷造り。

8時に、主治医の説明を受けた。
いろいろ検査したけど、これだ!という決定的な症状がない。
数年に渡って、対処しなければならないかも。
感染症のプロチームとしての見解としては、原因不明のままだけど、
不明熱のプロチームに見てもらうという方法も、あるらしい。

ま、気長に行くしかないな。
次回は、外来。

Img_21882週間、お世話になった点滴ポール。
ありがとよー。


9時前には、帰る準備がすべてが完了。
9時半の会計オープンとともに、速攻帰ってきた。
病院のみなさん、ありがとうございました。

ばにらさんも、毎日のコメントありがとうございました。
午後からは、ウチでぼんやり。
うちって、すごい、うちって最高。
入院してたことが、夢みたい。

| | コメント (2)

2017年2月 3日 (金)

不明熱 入院12日目

今日が、ラスト前でーす。

明日は、退院でーす。

ラストだと思って油断してたから、一番ヘビーな1日だったかも。
大腸カメラは、準備がたいへん。

まず、前日の夜に下剤を渡される。
これは、たいしたことなかったな。

Img_2200そして、朝7時すぎ。
ニフレックという、お飲み物を渡される。
「2リットルを2時間で、飲んでください。」

これが、うわさのおいしくないやつ。

経口腸管洗浄剤っていうもの。


おいしくないというのは、聞いてた。
たしかに噂通り、ポカリスエットの様な風味で、かすかにトロミがついた塩味。
すごいまずいわけでもないけど、おいしくない。
舌に、化学調味料っぽい感じが残る。

おいしくないものを2時間飲む地獄の始まり。
1.2リットルを超えたあたりからが、つらい。
ゴクゴク飲めなくなる、オエッって感じ。
飲んだら、お茶で口の中を変える、冷蔵庫で冷やすなど、
ネット上に書かれてる対策を、実行する。

並行して、腸の中身が出ようとするので、トイレとお友達。
お腹は痛くないんだけど。
とにかく受け付けなくなってくる。ラスト500mlも苦しかったなー。

2時間ちょっとで、無事クリア。
その後、トイレに11回。(数えといてくださいと言われる)。

最終的に、消化液の色の水(透明なレモン色って言われた)が出始めたら、完成。
「11時の状態を見せてくださいね」といわれ、トイレで看護婦さんを呼んで、
出たものを見てもらいok。(失礼)

最終的に、消化液の色の水(透明なレモン色)が出始めたら、完成。

お尻側が全面的に開いている青い紙パンツに着替える。

その後、ブドウ糖系の点滴を500mlしつつ、14時から大腸カメラ。
「うとうとしながら」と「撮影映像見ながら」とどっちがいいですか?と聞かれたので、
胃カメラの辛さを考えて、「うとうと」を選択。
でも全然「うとうと」しないまま、撮影映像を見続けて終了。
自分の大腸みながら、ホルモンってこれかーって思った。

カメラ自体は全然辛くなかったな。
部屋に戻ってからが、「うとうと」攻撃で1時間ぐらい昼寝。

あーーーーーー疲れた。
胃カメラは辛いってよくきくけど、大腸カメラが辛いって聞いたことなかったぞ。

最後に、こんな疲労が待っているとは。

2週間の入院で、疲労が蓄積しているのではと思う。
温泉にでも、行きたい。

| | コメント (2)