田島貴男部

2018年5月19日 (土)

BLUE SKY HEAVEN

BLUE SKY HEAVEN
富士スピードウェイで開催されてる、BLUE SKY HEAVEN で、ORIGINAL LOVEを見てきた。
スチャダラパーも出演ってことは、もしやあの曲かと思ってたけど、あの曲は無しのライブだった。

オハラブレイク的にゆるいので、頑張らなくても前に行けるし、ぶつかることも無い、素晴らしい環境。
見てるお客さんのほとんどは、ハーレーオーナーなので、超大人の男性、黒、革ジャン、ブーツ、ハードな印象で、アウェーな私。
でも、ライブがはじまれば、いつもの感じ。

おまけに、ORIGINAL LOVEのリハーサルまで見られるのは、お得な気分。
みなさんの、真剣な表情に、見てる人もシーンとしてた。

田島さんは、リハーサルとは全く違って、ハーレー並みのエンジン全開で登場!
バンドファンだけじゃない人達を、ORIGINAL LOVE の世界に引き込んでいく。
田島さんが、ドカーンと表現するからみんな圧倒されて、ついてっちゃう感じかな。
ステージ上のハーレーにまたがり、歌う田島さんも最高!
バンドの皆さんも、終始笑顔で楽しそうなのが、いいよね。

バイクイベントっぽく、フリーライドで終了して、アンコールは夜をぶっとばせで、すっきり。

私にとっての、ORIGINAL LOVEの♪あた〜らしい シーズンがくる〜

終わりしだい、予約してたタクシーに飛びのり、ジャストの電車に乗り帰り中。
この後、電車は、1時間に1本しかないのだから。

| | コメント (0)

2018年4月21日 (土)

フラワーカンパニーズ 人間の爆発 田島 貴男

Img_3009



フラワーカンパニーズ  人間の爆発で、田島貴男ひとりソウルショウを見てきた。

今回のきっかけは、THE COLLECTORS の武道館ライブ でフラカンの鈴木さんが、偶然隣席になり、ORIGINAL LOVEファンだった鈴木さんが話しかけたことから、始まったらしい。

新宿LOFTは、お客さんがギュウって詰まってて、ステージの天井は低めだから、田島さんが迫って来るようだった。

去年のひとりソウルショウを終えて、弾語りツアーを終えて、さらにまたレベルが一つ上がった、ひとりソウルショウだった。

1時間の間に、いろんなギターをあらゆるバリエーションで弾く幅のすごさ。
日々考えて、取り組んでるのですね、ってあらためて思う。

それに、声と曲とエネルギーが掛け算される感じがあって、毎回、驚きと感動が、あるから、やめられない。

あと、おもしろいってのが素晴らしい!

| | コメント (0)

2018年4月16日 (月)

牡羊座は中二病になる時間が必要

最近、なんだか何だかなんだよね。

何か変えたい!
iphoneケースを変えよう!

Cimg5795
透明部分の色が変わっていて、暗ーくなっていた。
英語で分からなくしてあるけど、「フォースと共にあらんことを」と書いているのだ。
ローグワンを見て、感動したからなんだけど。
見る人が見れば、分かる。


Cimg5796普通の透明ケースじゃ、つまらない。
何とかして、ORIGINAL LOVE仕様にしよう。
これも、見る人が見れば、分かる。
ファンクラブの会報から、Love Jam部分を切り抜いた。
いい感じ。


いい感じだけど、切り抜きを挟むって、何となく中二気分。
私、これでいいのかな。
でも、いいことにする。
このケースのいいところは、見るたびにORIGINAL LOVEの曲が
自動的に頭の中に、流れ出すというところ。

今日は、1日中ブラック・コーヒー(by田島 貴男)が頭の中を流れてた。
♪誰もみんな あの娘~を つ~かまえられない
 どんな手をつくし~て~み~ても~

何か変わったかも。

| | コメント (0)

2018年4月14日 (土)

ギターマガジン5月号

髪を切りに、自由が丘へ。


Img_2969自由が丘に行ったら、このお店でコーヒーを飲むと決めている。
20年ぐらい通っているお店。

雨が降り始めた夕方だから、人がいなくてお店も静かでいい。

おいしいコーヒーで、ぼんやりできる、いいお店。

Img_2975帰りに、ギターマガジン5月号を購入。
田島貴男×長岡亮介の記事を読むため。
ふたるソウルの裏側が、垣間見えて、ムフフってなる内容だった。
ふたりソウルでは、ほとんどしゃべらないお二方。
そんな風なんですね。

| | コメント (0)

2018年4月10日 (火)

ライブの記録

♪明日がいい日に なり~ますように

って、昨日田島さんから歌ってもらったので、今日はめっちゃめちゃめちゃいい日だった。
そしてスパーライブの翌日だったので、1日中アドレナリンが出てた。
すごいライブを見たあとって、必ずアドレナリンが出続けてる。

Img_2957お祝いにチーズケーキも食べたよ。


昨日のログが、スマートウォッチでとれた。
私のライブの楽しさが、グラフになっている。
ライブ中は、ランニングとしてカウントされてたよ。

会場に行って、帰ってくるまで5時間、立ちっぱなし。
楽しい体力づくりです。

グラフのコメント、ちょっと間違い。
ライブハウス入場待ちは、入場待ちと始まり待ちです。

Img_2959_2
 

| | コメント (0)

2018年4月 9日 (月)

LIVE SESSIONS AGAIN 田島貴男&長岡亮介

LIVE SESSIONS AGAIN  田島貴男&長岡亮介
SESSIONS AGAIN!!!
その通りっ!帰ってきたのだっ!
帰ってきたら、とんでもないことになってました。
長い旅行から帰ってきて、少し休んだら、めっちゃエネルギー湧いてきた!みたいな、なんていえばいいのか、分からない。

ユニットじゃないんですよ、それぞれ単独でもすごいパワーを持っている人が、その時間にSESSION するんですよ。
当たり前だけど。
今日、それにやっと気づいたよ。

聴いている人たちも、手拍子すれば割り込みできるのですSESSION に。
気持ち良かったな。
楽しかったな。
きれいで、めちゃくちゃカッコいい時間だった。

誕生日が明日の私。

田島さんが「4月生まれの人にって」言った上で(言ったよね)、新曲HAPPY BIRTHDAY を歌ってくれた。こんなことがおきるなんて、めっちゃ幸せ〜〜〜。

♪明日が、いい日に なり〜ますように

明日は、いい日に決まってる!!!
一生忘れない!

| | コメント (0)

2018年3月31日 (土)

田島貴男 弾き語りツアー 2018

田島貴男  弾き語りツアー  2018
東京国際フォーラム!

いいホールでの弾き語り、美しいコンサートって感じだったな。

田島さんの声が、より素晴らしく響いてた。
ご本人は、ヴォーカルは目指してなかったと本に書いてあった。
なのに、ソウルパワーで心に刺さる声、歌い方ができる素質を実は持っていたっていうのが、すごい。
もちろん、ご本人の努力の積み重ねもあるでしょうけれど、歌うために生まれて来たのだと思う。

Sen to Senが、弾き語りで登場したのは驚きだったけど、全く違和感無かったのも不思議。
他の曲もそうだ。全て、田島さんが自分の世界でアレンジするのだ。
素晴らしい!

| | コメント (0)

2018年2月24日 (土)

Daikanyama SESSIONS 田島貴男&長岡亮介

昨日、「Daikanyama SESSIONS」を見るため代官山の蔦屋書店に行ってきた。

蔦屋書店のMusicフロアに、田島貴男&長岡亮介のふたりソウルショウのライブCDに
関する映像と写真が展示されてますっていうコーナー。

Img_2703_1こんな、感じ~。
写真の手前に、CDが並べられてる。

Cimg5749そして、CDの隣には、限定販売のシール。

Cimg5748買っちゃった。
2枚セット。
CDについていた、フォトブックから選ばれた2枚。
どこに、貼ればいいんだろう、このシール。
貼らないか。


すぐ隣のJ-POPのCDコーナーでは、SESSIONSがBGMで流れてた。
なので、ついつい長居して、ついつい想定外の買い物をしてしまった。

| | コメント (0)

2018年1月31日 (水)

届いた!

CDが、タワーレコードから届きました!

発売日に!タワーレコードさん、ありがとうございます!

Cimg5708 SESSIONS
田島貴男&長岡亮介


田島貴男さんと長岡亮介さんの、ライブ録音CD!
ふたりソウルツアーっていうツアーなのです。

2回のライブに行って、名残惜しい感じだった。
それが、CDになって発売されるなんて。
そして、フォトブック付なんて、もっと素晴らしい。
フォトブックは、ライブのリハーサルから終了までの写真。
写真には、動画にない良さがあるんだなんて、当たり前のことを実感。

いい気分。

これから楽しみます。

| | コメント (0)

2018年1月21日 (日)

Love Jam vol.3

Love Jam vol.3


今年のORIGINAL LOVE初めは、Xepp ダイバーシティ東京でLove Jam vol.3。
田島貴男企画の、3回目のフェスってやつです。
開演から終了まで5時間。
スタンディングが耐えられたのは、日頃のライブと中身の濃さであっという間だったからかな。

never young beach とYogee New Wavesっていう若い2つのバンドと、斉藤和義とORIGINAL LOVEの50代チーム。
それぞれの良さを感じる、いいフェスだった。

若いバンドチームは、自分らしさを大切にしてるところに羨ましさを感じつつ、これから更にどう成長するのか楽しみ。
かたや50代からは、これまで積み重ねて来た厚みの美しさを感じて、歳をとるって、素敵なことなんだと思った。

お客さんも、いろんな年齢の人が入り混じっているんだけど、皆んなが同じ音楽を楽しんでる。
幸せな時間だった。

ヨギニューの歌と演奏に田島さんが参加した、月の裏で会いましょう、ネバヤン安部さんがORIGINAL LOVEに参加した接吻、
斉藤和義バージョンの接吻。
レアな構成も超良かった。

田島さんのテンション貴男ぶりは、ツアー最終日なみ。
楽しませてくれて、ありがとうございますっ!


今年も、楽しみ!

| | コメント (0)

より以前の記事一覧