旅部

2017年11月29日 (水)

西表島3日目

西表島3日目。

今日も、落ちはありません。

Pb241723この日も、大ウナギの罠チェックから。
かかってませーん。

Pb241724そして、朝のヤマネコチェック。
いませーん。

Pb241725そして、朝ごはん。
毎朝、おいしくて幸せ。

Pb241729午前中は、雨が降りそうになかったので、山へ連れて行ってもらうことに。
宿の女将さんガイドで、吉田さん(仮称)、同居人、私。

Pb241730今日は、ここから、裏山へ。
ざっくり1時間ぐらいで戻る予定だった。
前日、吉田さんが迷ってもどってきて、
女将さんも3年ぶり。

Pb241733西表島っぽい、植物。
でも、誰にもわかりやすい道がある。

Pb241735南方っぽい、竹。
タケノコは、おいしくないって。

Pb241744根が板根(ばんこん)になっている木。
若いころは、これをさわって「ばんこ~ん」とかいって、遊んだな。

Pb241742同居人が突然、ナタ係で先頭を行くことになった。
♪チャチャラーチャーチャーチャーチャーッ
ドラクエ的、勇者の音楽が聞こえてきた。

ナタをつけたら、勇者っぽいスタイルになったのだ。
色合いもそれっぽいし、長靴がブーツに見える。
おもしろい。

でも、同居人は道が分からない。

Pb241743道を女将さんと思考錯誤しながら、歩く。

Pb241746道なきみち。

Pb241747吉田さんと、ここで別れてしまう。
おれはこっちに行くと、行ってしまったのだ。
このとき、引き留めておけばよかったな。

Pb241751蟻が作った道。

Pb241748イノシシの罠があるから、かからないでねーって。
どこか分からない。

Img_2432ようやく、沢を発見。
これをおりれば、到着。

結局、1時間半ぐらい歩いた。

私はついていくだったけど、おもしろかったな。
体も頭も、いっぱい使った。

Pb241752到着~。
でも、吉田さんは降りてこず。
電話したらつながった。
30分ぐらい待ったけど、降りてこなかったから、ご飯に行くことに。

Pb241754西表島でたった1つの、ラーメン屋さんへ。
私は、ラーメン。
シンプルで、うまいっ!

Pb241755同居人は、辛くておいしい麻婆豆腐。
今回、沖縄料理をチョイスすることは無かったな。
食べたいものを、食べた。

途中、吉田さんが下山したので、迎えに行って、一緒にご飯を食べた。

Img_2435お昼寝した後、星砂海岸でお茶。
ここに来るときは、雨。行くところが、無い時。
あとは、ぼんやりして、西表島の旅終了~。

晩ごはんは、取り忘れた。


やりたいことはやったから、充分たのしめた。

| | コメント (0)

2017年11月27日 (月)

西表島1日目

西表島の旅、毎日を書き連ねてみよう。

いつもどおり、落ちは、ありません。

朝、4時40分に車で出発。6時10分発の那覇行きに乗った。
そして、9時55分石垣島行きに乗り換えるはずだった。

Img_2415なのにー。
石垣行きが、欠航。
機材の用意ができなかったって。
えーーーーっ!

Img_2416おかげで、15時から西表島でカヤックする予定は、中止となってしまった。
那覇空港で、2時間半の時間をつぶす。
お詫びにもらった2000円券を使って、カレーを食べる。

Img_2418石垣島について、一番早く乗れる西表島行きの船にのった。
海があれているので、宿に近い上原港は欠航。
西表島の一番東の大原港行きにのる。
宿は一番西にある。
14時40分発。
そして、この大原港行きは、各地をまわる無料送迎バスは、途中までしか行かないので、路線バスに乗ってくれと言われる。
この時点で、宿の到着時刻は、17時半をすぎることに。

しかし、神様降臨。
西表島で遊んでもらってたご夫婦に偶然会い、車に乗せてくれることになった。

Img_2419港についた。
車に、頭蓋骨!!
知人妻曰く「亀とイノシシダネ。」
サクッと流された。
きれいに白骨化してるなー。


宿についたのは、17時前だった。
あー遠かった。12時間かかったよ。
でも、こういうのも楽しいから行ってるんだもんな。

Img_2424そうだ、途中で、カヤックガイドさん家に寄り道したら、今日とれたイノシシ肉をいただいた。
さばきたて。
今、イノシシ猟のシーズンなのだ。

「刺身がうまいよ!」
って。
病気になったとき、何度も聞かれたセリフを思い出す。
「ジビエとか、野生の生肉を食べたりしませんでしたか?」って。

Img_2428宿の晩ごはん。
イノシシ肉は、野菜とのイリチャーにしてくれた。
保健所の指導が厳しいですからね、宿では生肉を出せないのですよ。
脂が甘くて、これまで食べた中で一番おいしいイノシシ肉だった。

Pb221534宿には、これまで何度も会ったことがある吉田さん(仮称)が宿泊していた。
吉田さんが、「大ウナギを見たから、罠を仕掛けに行こう」という。

Pb221538魚の切り身を釣り針にさして、ロープに結ぶ、それだけだけど。
こういう罠モノは、子供の頃、父が良くやっていた。
取れた、タメシがなかったから、全くかかる気がしない。

Pb221541こんな、用水路。
取れないと思うけど。
まあ、楽しいからいいよ。

Pb221547私はガードレールの上から見張り。

Pb231549そして翌朝。
大ウナギがかかっていることを想定し、巨大発砲スチロールを持っていく。

Pb231551朝6時50分ぐらいで、こんなに真っ暗な西表。
同居人が罠をチェックしたけど、かかってなかった。
やっぱりね。

Pb231556帰り道は、イリオモテヤマネコがいないかチェック。
ざんねーん、はずれ。
いままで、イリオモテヤマネコは見たことがない。

Pb231559で、朝ご飯。
動いた後の朝ごはんは、おいしーね。

| | コメント (0)

2016年7月19日 (火)

伊勢 小ネタ

今日は、月曜日のようなのに、火曜日というお得な日。

昨日、伊勢でものすごい暑さを体験したので、今日は全然暑く感じない。
あ~、快適。

Cimg4862


伊勢のネタで、続き。
神社のお祭りで、旧問屋街がかっこよく飾られていた。
この飾りに書かれている印は、「サ」が「中」を囲んでる。

今日、調べてみた。
10個の「サ」に囲まれた「中」なので、サトナカ。だって。
昔のこのあたりの地名らしい。
かっこいいねー、飾りのオーラから昔は栄えていた雰囲気がよくわかる。

お祭りの地域にある家は、だいたい運動会で使う万国旗でも飾られてあった。
千葉あたりのお祭りは、白とピンクの紙製の花で飾られてたな。
ここは、どの家も万国旗。

これまでの私の万国旗についての調査では、万国旗は2種類ある。
ブラジル国旗がたくさんあるやつと、ほとんどないやつ。
ここのは、ほとんどないやつで、1個しか見つけられなかった。
製造業者の違いだろうけど。

ブラジル国旗がほとんど無いやつは、白・赤・青でできた国旗が多い。
サンバ愛好家だった私は、万国旗を見るとブラジル国旗を探す癖があるだけなんだけど。

昔の雰囲気を守ってくれると、旅行客としてうれしい。
維持しながら、住まう方はたいへんだろうなー。

| | コメント (0)

2015年12月 7日 (月)

コレクション

ネタ無し月曜日。

とって置きの、隠しネタから。
Img_0245唐津城のお手洗い。
男性入り口。

お手洗いマークは、何かと気になる。

Img_0244女性入り口。
目鼻が無いね。
キホン、お手洗いの入り口の絵に、目鼻はないよね。

普段は気にならないけど、和装で目鼻がないと、のっぺらぼうとか、ムジナっていう物語を思い出す。
英語の教科書にでてたな。
Long long ago,there was a long slope in the city of Edo.
It was a very lonely place.

これから、顔ありマークを探してみよう。

| | コメント (0)

2015年12月 3日 (木)

福岡の旅、その4

福岡の旅、その4。


最終日は、大宰府天満宮に行った。
大宰府は、車椅子を貸してくれる。
母が長距離歩きが、不得意なので、借りた。

Img_0315だから、写真はほとんど無し。
そして、お祈りの気持ちもそぞろ。

Img_0271そうだ、もう1つ。
博多駅近くの、櫛田神社にお参りした。
博多祇園山笠で有名な、神社。
夜は、初めてきたけど、いい感じ。
ここも、偶然たどり着いたので、おみちびきか。

Img_0272_3ありがたやー。


ってことで、福岡の旅、終了ー。
結果、神社にたくさん行ったことになりました。

| | コメント (0)

2015年12月 2日 (水)

福岡の味

福岡の旅、その3。
唐津から戻ってきたその夜は、中洲川端駅で降りた。
でも、福岡はこの日超寒かった。
唐津で歩き疲れてるから、ホテルの近くまで、戻ることに。

ここだったら酔っぱらっても歩いて帰れる距離で。
お店の写真を撮るのをわすれたけど、虎玄多っていう魚屋さん系のお店。

Img_0273盛り合わせには、もれなく馬刺しとクジラ刺しがついてくる。
左下のやつ。
クジラ刺し、臭い無くて、うまー。
普通のお肉っぽい。
馬刺しも、うまー。

Img_0274いつも通り、「ハイボールを、お酒半分で!」って注文。
でも、この色は標準的な量。
博多のお酒の量の標準が、川崎より全然多いんだと思う。
同居人の焼酎も、川崎の倍の量で、川崎の1杯分より安い。
さすが。

Img_0309だって、ラーメン屋の350円の黒霧島が、この量だもの。

Img_0275アワビの肝バター焼きとか、

Img_0276ハモフライなど。
珍しいものを、食べたよ。


福岡、おもしろーい。
宿のごはんより、外で食べる方が好き。

| | コメント (0)

2014年8月19日 (火)

ハワイ 番外編

最近、平凡な記事ばかりなので、ネタを探してみた。


Cimg1846ハワイのハレクラニホテルで見た、フラショー。

Cimg1837とても、涼しげ~。
左側が私のでアルコール無しの超ミント風味のレモネード。
Le mintだった。

Cimg1872私の反対側に、超かっこいいアダルト!
渋すぎるでしょ。
いい人生を歩んでる感が出てる。

Cimg1880そして、フラ。
かっこい~~~。
このお方をネットで探したけれど、正体分からず。
残念。

| | コメント (0)

2014年7月 4日 (金)

ハワイ パワースポットめぐり後編

DOLEのプランテーションでアイスを食べたあとの話。

Cimg1996ガイドさんが、おやつのマラサダを買ってくれた。
元祖 マラサダのお店なんだってー。
ノースショアの地元のパン屋さん。

Cimg1995いろいろおいしそー。
おいしいパン屋さんなんだってー。

Cimg1998その後は、この辺りの観光ポイントのコーヒー屋さんへ。
もやもやさまーずで、有名になってるお店。

Cimg2004コーヒーの試飲と、おやつのマラサダ~。

Cimg2006マラサダ、冷めてるけど、うま!
見ての通り揚げパンなんだけど、油っぽくないし、生地の弾力が、すごい。
シンプルで、激ウマ!

Cimg2007
まんまと、コーヒー購入。

Cimg2011その後は、徒歩1分の石鹸屋さんへ。
ここも、もやさま。

Cimg2012001ほら。

Cimg2023その後、ノースショアのメインストリートへ。
といっても、ハワイの田舎を味わうって感じ。
でも、観光客相手のお店かな。
少々散策。

Cimg2031次のパワースポットは、ベルロック。
昔、この岩をたたいて漁に出る合図をしたそうだ。
なんとこの岩、鏡餅のように、上にのってるだけ。
どうやって、のっかったのかは不明だって。

Cimg2064そんなこんなで、晩ごはん。

Cimg2062ハワイ名物ガーリックシュリンプと、チキンのマカデミアナッツ衣フライ。
いわゆるチキンカツと、ガーリック塩味のエビ。
見たまんまの味。

Cimg2065その後は、ハワイの星空!

Cimg2073それも、ハワイの本願寺の境内で。

Cimg2075でも、残念ながら超曇りで見られなかった。
でもでも、天体望遠鏡で木星と木星の衛星4つを見たぞ。

1時間くらいでワイキキに戻る。
たっぷり9時間のツアー。
ガイドさんが、超物知りで、ハワイのことがいろいろわかりました。
Cimg2082ホテルで、カンパーイ。
マドンナが飲んでいるというココナツ水を飲んでみた。
この私でも3口が限界。
薄い、おいしくない柿の水?


ってことで、ハワイのオプショナルツアー終了。

| | コメント (0)

2014年7月 3日 (木)

ハワイ パワースポットめぐり前篇

ダイアモンドヘッドに登頂した後、ホテルの部屋についたのは、

9時ぐらいだったかな。
次の集合は、12時過ぎ。
とりあえず、30分仮眠とるぞーって寝たら、1時間半ぐらいねてた。
ま、すっきりして良かった。

で、パワースポットめぐりにゴー。

まずは、クーヘイアウっていう場所。
ハワイからポリネシアに航海するために、祈願した場所なんだって。

Cimg1958大事な場所なんだなーってことが、雰囲気で分かる。

Cimg1951祈りが伝わってくる。

Cimg1954祈り。
今朝のお祈りなのかな。

Cimg1960目の前は、海。

Cimg1979そして、次は、クカニロコ。
王族が子供にパワーを与えるために、出産場所として選んだところだって。
周りの意思は、出産を確認するための、証人のための岩が36個。

Cimg1983これが、出産に使ったという、岩。
ハワイでいうところのパワー=マナが強いエリアだそうです。

Cimg1981ここにも。

Cimg1982_2このレイは、輪になっていないから、妊婦さんのためのレイなんだって。
マナをもらいにきたのかな。

Cimg1991そして、休憩。
DOLEプランテーションで、パインソフト。
7ドルぐらいした。
結構高いよ。
そりゃあ、おいしいさ。


ということで、明日に続く。

| | コメント (0)

2014年7月 2日 (水)

ダイアモンドヘッド登頂 標高232m

2日目の朝一は、ダイアモンドヘッドに登って、日の出を見ること。

朝、5時25分に集合でゴー!
でも、薄明るい、なんだかもう日が出始めてる感じするぞー。

Cimg1891ダイアモンドヘッドの登山口の手前駐車場で、車から降りる。
10分待ってるとか英語でいわれた。
明るい!

Cimg1889これが、その駐車場からの眺め。
リッチな住宅街、ダイアモンドヘッドの向こう側、カハラ地区。


完全に日の出してるでしょ、ここで何するのかな。
と思ってたら、どうやらここが日の出ビューポイントだったらしい。
頂上で、日の出じゃないの?
日本人がイメージするご来光っていうのとは、感覚が違うね。
そして、この日は残念ながら曇りで、日の出は見られなかった。

Cimg1896これが、登山口。
30分ぐらい上るんだってー。
7時半までに、下山してねーっていうガイドさんの案内で、登山開始。

Cimg1901_2つづら折りの道をひたすら登る。
年配の人は、8合目をまたずして、挫折してる人もいた。

Cimg1903_2昔は、牧場だったという風景を眺めながら、登る。

Cimg1906ついたー!
頂上は、せまーい、こんな感じ。

Cimg1908ワイキキを眺める。
さわやかな朝ですな。
がんばったカイがありました。

Cimg1931ホテルに戻って、朝ごはん。
腹ペコだったから、節操のないチョイス。
がっつり食べました。



日の出は見られなかったけど、登ってよかったよ。
本来のイメージは、こんな感じだす。
やっぱ、頂上から日の出見てるっぽいよね。

| | コメント (0)