海部

2017年7月26日 (水)

あたらしい ココロミ

さてさて、今日は、絞り出しネタ。


Img_2834うちのお手洗いに貼っている、沖縄の魚図鑑シリーズ。
毎日、ぼんやり見ていると、勉強になる。

テレビに映った魚と、ポスターの魚がリンクして、名前が分かると、うれしい。
でも、これは、市場にあがった、お亡くなりになった魚たち。

Img_2835愛用の図鑑と比較すると、色や雰囲気が全然違っていたりする。
そうだ、ポスターの魚を全部図鑑で見てみよう。
と、比較しているうちに。

Img_2833まちがい発見。
誤)ヒレジロマザイウオ
正)ヒレジロマンザイウオ


なぜ、マンザイウオなのか、気になって仕方がない。

| | コメント (0)

2016年8月30日 (火)

心躍る人達

そういえば、日曜日の熱海からの帰りは湘南経由だった。

なんとなく、そんな気分で。

そしたら、鎌倉高校前の海には、たくさんのサーファーが。
すごーい。盛り上がってるー。

熾烈ですな。

Cimg4979_4

| | コメント (0)

2016年8月28日 (日)

爪木崎 2016

土曜日は、南伊豆の爪木崎でシュノーケリング。

予定してたヒリゾ浜は、予想外に早い台風の影響でクローズ。

P8271244いつもの灯台。
海が、濁ってる。
そして、全体的に魚がいなかった。
減ったなー。

P8271242とりあえず、アオリイカ。

P8271326高知では、雑に扱ってしまったスズメダイも、貴重。

P8271315たくさんの、サラサエビ。
同居人が見つけた。
私は、こういう暗いところは嫌だから、見ないんだけど。
同居人は、細かくチェックする。


P8271340イセエビ。
この岩には、もう一匹いた。
ヒゲが目立って分かりやすい。

ほんとに、魚が少なかった。
爪木崎だけだったら、葉山と変わらないので、遠くまで来なくていいかも。
なんだろうなー。

| | コメント (0)

2016年8月18日 (木)

大月町 竜ヶ浜

高知県での夏休み、久しぶりにシュノーケリングに向かった。


P8161060竜ヶ浜キャンプ場。
普通に海水浴もできる。
でも駐車場代もとられず、シャワー代300円だけ。
ものすごーーーく、良心的。

P8161061超すいてるー。

伊豆だったら、石の数だけ人がいるよ。


P8161070どんなもんかなと海に入ってみた。
青い魚が、きちんと青い。
暖かくて楽しい海な感じが、すごいする。

P8161075_2サンゴの隙間に、ヤクシマダカラがいる。
貝殻はよく見るけど、生きている状態を見たのは、初めて。

P8161079_2ウニも大小さまざまで、種類が多かったな。
ガンガゼ。

P8161081トックリガンガゼモドキだって。

P8161170
ラッパウニ。

P8161181シラヒゲウニ。
沖縄の人は食べる、おいしいやつ。

P8161188バクダンウニだと思う。
初めて見られて、超うれしい!。

P8161193イバラカンザシも、わんさか。

P8161165そして!カエルアンコウ(の一種)。
ひゃー。
いろいろいるねー。

P8161219逃げる、ツノダシ。

P8161129逃げるチョウチョウウオ。

P8161123逆に、詰め寄ってくる、クマノミ。
オラオラオラー!って声が聞こえる。

P8161092めっちゃ、近くまでよって来るのだ、ここのクマノミは。
かなり、お怒りモードで殺気立ってるから、怖い。
イソギンチャクの近くでかわいく泳いでる姿は、全然撮影できない。
あんたたちじゃなくて、隣のミツホシスズメダイが撮りたいのに。
とにかく詰め寄ってくるから。

P8161175こういうメチャメチャかわいいシリーズもいるんだけど。

P8161142そこらじゅう、クマノミだらけ。
クマノミが多いから、縄張り争いが厳しいのかね。

P8161112誰かが割ったウニに群がる中にも。

P8161215最後は、エイ。



いやー、すごいとこだった。普通の海水浴場のふりして、すごい。
シコロサンゴが、たくさんで、沖縄とは違った種類の生物がだくさん。
スズメダイやベラもたくさんの種類がいたけど、たくさんいるとどうでもよくなる。


もっと潜りたかった。つい日帰りで行ったから。
高知市から車で3時間
このハードルは、結構高い。
伊豆でも高知でも沖縄でも、きれいなところはだいたいが先っぽで、遠いところにあるね。
こんどは、泊りで来て、柏島もせめてみたい。

| | コメント (0)

2015年8月23日 (日)

南伊豆 海に入りたい旅

伊豆に行ったけどー、東伊豆、南伊豆、西伊豆、

全てに台風のうねりが入り込んでて、どこにも入れなかった。
こんなことも、あるんだねー。
こんな感じ。

Cimg4247

湘南の伝説のサーフィン大会が、昨年に続き開催されるのか?
って思って調べてみたら、惜しいとこだったらしい。

とりあえず、下田の夜編。

Cimg4212夜着の時に、必ず行くラーメン屋。
おじちゃんと、おばちゃんの夫婦で経営してて、
遅くまでやってる。
食べたのは、昨日アップした餃子。

Cimg4213下田の港には、海上保安庁の船。
イセエビが釣れたら海に帰してね、っていうメッセージ
が流れてる。

Cimg4218朝、起きたら同居人が、「人が集まってるお店がある」
というので、行ってみた。
朝定食600円。

Cimg4217まさかのピンボケ。
老眼がひどすぎて、ちゃんと撮れたかどうか、チェックできない。


600円でアジタタキ丼は、いい。
アジの切り方も細めで丁寧、脂がのってて、うまかった。

朝ごはんが終わったら、ひたすらドライブする旅になってしまった。
続く。

| | コメント (0)

2015年7月 5日 (日)

南伊豆2015

南伊豆の旅、振り返り。

金曜日の夜、川崎を出発~。
夜は、下田のこのビルの下で車中泊。

Cimg4027
そしたら、蚊がいて、同居人がすごいさされた。
夜中2時頃にコンビニに行ったけど、かゆみ止めは売ってなかった。
そして、手前の駐車場に移動して、安眠。

Cimg40337時に起きて、下田で朝ごはん。
2回目のお店、ランプハウス。
今日も、やってる!一番のり。

Cimg4031激ウマ朝定食は、なんと550円。
おばちゃんが、隣の干物屋さんに大声「ひもの~」というと、干物が配達されて、定食になる。
おばちゃん、これからもがんばってね。

Cimg40348時過ぎに、爪木崎に一番乗り。
まだ気温が低いので、9時半ぐらいまで、お昼寝。

P7043041今年の、爪木崎パトロール開始~。
なんだけど、激激激寒~。
2月の葉山ぐらいの冷たさ。

P7043048あまりに、冷たいので同居人も私も、ずっとこのポーズで素潜り。

P7043055とりあえず、いつものイソギンチャクと、イセエビ。
イセエビのヒゲが2本、飛び出してる。

P7043067やたらと、稚魚が多かった。
それ以外は、ほとんどベラかな。

P7043082これは、カサゴ?
なんとなく、ヒレがカサゴじゃない気がするけど。
30分くらいで、終了。

Pap_0015お昼は、回転寿司。
静岡っぽく、サクラエビ。
午後からは、熱海へ移動~。
熱海で泊まって帰るのだ。

Cimg4041晩ごはんは、熱海で初めて行くお店。
ひさ花。
いい感じのお店~。

Cimg4044予約で満席。
まずは、刺し盛り。
刺身が分厚くて、ねっとりしてておいしい。

Cimg4045いわしの塩焼き。
脂が超うま~。
他にも、いろいろ食べ過ぎた~。

Cimg4050翌朝、早起きして、宿近くの源泉へ。
熱海七湯のうちの一つ、小沢の湯。

Cimg4049温泉卵を作るのだ。
卵以外は、むしちゃいけないって。

Cimg4051じゃじゃーん。
10分で、固ゆで卵ができあがり~。
人生初体験。
意外と、楽しく、そしてうまい!

Cimg4054で、宿の朝ごはん。
これが、いいんだよね~。
満腹になったら、帰るのだ。
8時出発~。

Cimg4058海老名サービスエリアで、同居人はメンチカツ、私は、チョコバナナクレープ。


寒かったけど、海はやっぱりいいな~。
そして、おいしかったな~。

| | コメント (0)

2015年1月21日 (水)

今日は、休み

うーん、沖縄の海は、青い。

P9132509

| | コメント (0)

2014年7月20日 (日)

シュノーケリング2本

19日は、南伊豆&下田でスノーケリング。

今日は、生き物シリーズ。
ピンボケもあるけど、見たやつを記録するってことで、載せる。
P71921601本目は、南伊豆のひりぞ浜。
今年も、渡しでしか行けない、狭いとこにビッチリの人がいる。
朝9時で、こんな状況。

P7192161人ごみを避けて、さっさと海に入ろう。
海は、きれい。

P7192163小魚もたくさんいて、いい感じが期待できる。

P7192171アカエイの子供。
ちいさくて、かわいい。
でも、シッポが切れてるし、全体的に傷ついてる感じ。

Asahi_2図鑑で調べたところ、アサヒナハゼ。
(画像を拡大しました)

P7192179タカノハダイ。

P7192203途中、舟盛り用の器のような遊覧船が。

P7192205イバラカンザシ。
(ゴカイの鰓)

P7192217イセエビが死んでる!

P7192219と思ったら、抜け殻。

P7192237地味だけど、個人的にはうれしい、生きたオミナエシダカラ。
タカラガイ。
生きているのは、初めて見た!


約1時間だった。
海水温もぬるめで、波もなく、透明度もよくて、魚もいた。
超コンディションの良い、ひりぞ浜だった。

P71922652本目は、下田の爪木崎。
ウエットきたまま移動してきて、体が冷えてる。
このまま続けて潜ることに、若干の不安。

P7192267わおー、濁ってるー、超寒いー。
すぐ上がりたいー。

P7192270天草ばかりで、何もいないー。
めげるー。
腕からどんどん、寒くなるー。

P7192280そんな時に、ハリセンボンが。
うれしいねー。
今日は、ふくらませたりしないからねー。

P7192289でかい、ウニの殻。
しらばくは、持って帰ろうと握りしめてた。
寒い中、いいろ考えて、さようならをしたよ。

P7192298今回、例年より数が多くて目立ってた、マガキガイ。
高知でいうところの、チャンバラガイ。
2つの目があるのですよー!

P7192308トウシマコケギンポ!
これについては、後日、記事にしようと思う。

P7192317イシダイの幼魚。


約35分の爪木崎。
海水面から50cmより下に入ると、超寒かった。
ここは、この時期、あまり魚がいないから、いつもどおりかな。

2本潜って、お昼前には終了。
これで、今回の遊びの目的は達成して、熱海に行くのだ。
超コンパクトな旅。

| | コメント (0)

2014年3月 5日 (水)

備瀬崎

沖縄のスノーケリング2日目まとめ。

2日目は、備瀬崎で2本。

P3011966伊江島が見える。
伊江島手前、右側に小さくみえる灯台のとこまで、
スノーケリングで行ったのだ。

P3011968まずは、リーフのエッジまで歩く。
大潮の引き潮に向かうから、浅くなるらしい。
オレンジバッグは、お弁当。

P3011971途中、激浅部分を泳ぐ。

P3011975リーフのエッジに到着。
珊瑚礁の端っこなので、ここから深くなり始める。

P3011982灯台もこんな感じで見える。

P3011983少しずつ、深くなる。
深いと、写真は少なくなるのだ。

P3012005途中で会ったクラゲ。
深くなると海の青さが、深くなる。

10031海底から撮影してもらった。
X染色体みたいだよね。
同じ海なのに、撮り方で青の色がぜんぜん違う。

P3012027顔だけ写した、カサゴの仲間。

P301205450分ぐらいで、途中休憩。
お昼を食べる予定だったけど、お腹がすいてなくて、休憩のみ。

P3012035休憩ポイントには、なんとハチジョウダカラがいた。
10cm弱かなー、とにかく大きい。
そして、いつみても、きれい。
持って帰りたい・・・。当然×だけど。

P3012067備瀬崎先端に向かって再び。
初めて見た、エラブウミヘビ。
二つに分かれた舌をチラチラだして、陸上の蛇と同じ。

P3012074ゴシキエビの子供?だったかな。
今回は、全部で3匹みた。
イセエビより、青が濃くて、触覚が白い。

P3012087ナウシカのオウムのように、触覚でゴシキエビに遊んでもらう、同居人。

P3012098とうとう先端に!
陸地が随分遠くなった。
1kmぐらいとのこと。



どっぷり海につかれて、とてもいい1日だった。
今回は仕事の疲れを引きずっていたので、
どっぷりつかって、やっと海にいる実感がわいたような感じ。

やっぱり、海はいいですなー。

| | コメント (0)

2014年3月 4日 (火)

瀬底島

沖縄のスノーケリング1日目をまとめ。

9:05に那覇空港について、13時には本島北部の瀬底島。
お天気、最高!

P2281798
今日は、ここで。
黒く見えるのは、珊瑚なのだ。
白い美しい砂浜は、つまらない。
こういうまだら模様がベスト!

P2281829そしてここは、浅くて、珊瑚が復活している超きれいな海。

P2281822得にテーブルサンゴがすばらしい。
珊瑚は、いろんな種類があってこそ、それぞれのすばらしさを引き立てるねー。

P2281825こんな感じとか。

P2281827こんな感じ。
ものすごく、きれい。

P2281835定番のクマノミ。

P2281852_3逃げ足の速い、チョウチョウウオ系。

P2281877そしてこれ。
左側は、アマミスズメダイの幼魚。
こんなにきれいなのに、大きくなると黒と白になる。
不思議。

P2280212オニヒトデ。

P2280229ウミウシ。
調べてみたら、ブッシュドノエルウミウシと思われる。
ブッシュドノエルに似てるよね。

P2281933最後に、スイジガイの貝殻。
水の字の形だから、沖縄では火事の魔除けだったかな。
綺麗な形。



ということで、1日目は1時間くらい潜って終了~。
 

| | コメント (0)