« 軟骨ソーキ | トップページ | 月曜日から飲み »

2017年3月 5日 (日)

不明熱 PET-CT検査

昨日は、PET-CT検査を受けてきた。


炎症やがん細胞っていうのは、修復するために体内でぶどう糖が使われるんだって。
ぶどう等系の造影剤を注入して画像を撮ると、
やばいところにぶどう糖が集積してるから、やばい箇所が分かるって仕組み。

私が行ったところは、PET-CT検査を専門としている病院。
癒し系インテリアなんだけど、検査する人しか来ないから、
あのドアの先でサイボーグ化しそう、な雰囲気の病院だった。

病院の自動ドアを入ると名簿を持った女性が、2m先の受付を案内してくれる。
受付すると、違う女性が15mぐらい先までの更衣室を案内してくれる。
着替えると、問診票をチェックして検査を説明してくれる看護士さん。
そして、医師による診察。っていっても、問診票見る程度。
エレベーターを上がると、また女性が案内してくれる。
なんでこんなに、係の人がいるんだろうか。

1つの部屋が4つにパーティションで仕切られている、灯りを抑えた薄暗い部屋で待つ。
そこには、リクライニングシートがあって、水かお茶が与えられる。

ぼんやり待っていると、造影剤を注入する看護士さんが登場。
看護士さんは3人がかりで、1人に造影剤を注入するのだ。
針を刺して、つなげるだけなんだけど。

造影剤を注入すると、薄暗い部屋で1時間、じっと待つ。
造影剤が体にまんべんなくいきわたるようにらしい。
この間、スマホ・読書等々一切禁止で、薄暗い部屋で寝るようになっているのだ。

前情報があったので、寝不足にして来たから、すぐに寝てしまった。
あっという間に1時間、検査室に通される。
MRIとそっくりなマシン。

MRIと違うのは...

・咳とか、くしゃみはOK。
  (まじで、気持ちが楽)
・体を横から布でミイラのようにくるまれる
  (これは、超楽ちん、MRIは手がベットから落ちそうで疲れてくる)
・超静か
   (シュインシュインという回る音と、ベットが動く音だけ)

ということで、30分、うとうとしている間に終了。
2時間弱の検査。楽~。

この検査、癌の精査には保険適用だけど、私みたいな人は、対象外。
その値段10万円弱。
医療保険の先進医療っていうのが適用されると思うんだけど。

PET-CTの結果は、病院に送られる。
何か、写っててほしい。
これで写ってなかったら、もう対処方法ないんだってさ。

昨日は検査の後、熱が出て1日寝てた。

Img_2279
今日は、熱があっても、元気でしんどくないぞ。
久しぶりに、とんかつ!
とんかつに、エビフライ。
とても病人とは思えない食事。

食欲だけは、減りません。

|

« 軟骨ソーキ | トップページ | 月曜日から飲み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 軟骨ソーキ | トップページ | 月曜日から飲み »