« 唐津 | トップページ | 福岡の旅、その4 »

2015年12月 2日 (水)

福岡の味

福岡の旅、その3。
唐津から戻ってきたその夜は、中洲川端駅で降りた。
でも、福岡はこの日超寒かった。
唐津で歩き疲れてるから、ホテルの近くまで、戻ることに。

ここだったら酔っぱらっても歩いて帰れる距離で。
お店の写真を撮るのをわすれたけど、虎玄多っていう魚屋さん系のお店。

Img_0273盛り合わせには、もれなく馬刺しとクジラ刺しがついてくる。
左下のやつ。
クジラ刺し、臭い無くて、うまー。
普通のお肉っぽい。
馬刺しも、うまー。

Img_0274いつも通り、「ハイボールを、お酒半分で!」って注文。
でも、この色は標準的な量。
博多のお酒の量の標準が、川崎より全然多いんだと思う。
同居人の焼酎も、川崎の倍の量で、川崎の1杯分より安い。
さすが。

Img_0309だって、ラーメン屋の350円の黒霧島が、この量だもの。

Img_0275アワビの肝バター焼きとか、

Img_0276ハモフライなど。
珍しいものを、食べたよ。


福岡、おもしろーい。
宿のごはんより、外で食べる方が好き。

|

« 唐津 | トップページ | 福岡の旅、その4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 唐津 | トップページ | 福岡の旅、その4 »